投稿日: 2020/09/16

ひな珈琲(hina coffee roasters )

ひな珈琲が何を目指すどんな店なのかをご紹介させていただきます。
「良い珈琲をご家庭で」をキャッチフレーズに、小田急線螢田駅前で高品質自家焙煎珈琲豆=「良い珈琲」を販売しています。

「良い珈琲」は、
すっきりとキレの良い後味が楽しめます。
澄んでいて、冷めてからもおいしく頂けます。
産地ごとの特徴が楽しめます。
そして、暮らしの質を高め、日々の暮らしに笑顔を与えてくれます。

「良い珈琲」4つの条件
①良質で欠点豆のない生豆
②焙煎したての珈琲
③適正に焙煎された珈琲
④挽きたて、いれたての珈琲

「良い珈琲」のために、ひな珈琲がしていること
①安全で質の高い生豆を仕入れるルートを確保しています。
②ハンドピック(※)の手間を惜しまず、生豆の品質にさらに磨きをかけています。
③南千住「カフェ・バッハ」で身に付けた技術で、豆ごとの魅力を最大限に引き出す焙煎度に仕上げます。
④優れた純国産焙煎機「マイスター」を使用し、みずみずしい新豆も煎りムラなく、ふっくらと仕上げます。
⑤鮮度管理を徹底し、常に新鮮な珈琲を提供します。
※ハンドピック:コーヒーの味にダメージを与える傷んだ豆を除去する作業。高い品質の生豆であっても、傷んだ豆は少数ながら混入しています。ひな珈琲では、焙煎前に3回、焙煎後に2回ハンドピックを実施しています。

「ひな珈琲」の名前の由来
夫婦それぞれの名前の最初の文字をつなげたら「ひな」になりました。
鳥の「ヒナ」のようにいつまでも初々しく、そして家族仲良く。
そんな願いを込めました。

家族だけで営む小さなロースターですが、流行に流されず、まじめにこつこつ営んでいます。今までも、そしてこれからも。

どうぞよろしくお願いいたします。
見積もりを表示
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。